常念岳・蝶ガ岳

北アルプス南部2008年10月12日〜13日(前夜松本市内泊)テント泊
行程[行動時間]
1日目三股〜前常念〜常念岳〜常念小屋テント場(常念乗越)[7時間半]
2日目常念小屋テント場(常念乗越)〜常念岳〜蝶槍〜蝶ガ岳〜蝶ガ岳ヒュッテ〜まめうち平〜三股[10時間半]
メンバー:トモさん、キュウさん(報告者)、トモパパ、トモママ

穂高・槍の眺望だけじゃない、
アルプスの魅力を凝縮した手軽でお得なコース

3連休初日は松本に移動するのみ。14時前に着いたので、公営駐車場に車を置き、中町通りやナワテ通りといった市街地の観光スポットを散策。松本城付近では、そば祭りが開催されているとかで多くの人で賑わっていた。夜は松本駅近くのビジネス風ホテルに素泊まり。翌日に備えて9時頃には床についた。

紅葉

前常念付近から眺めた紅葉。


10月12日(日)1日目
一ノ沢コースと三股コースに分かれ、常念乗越で合流

まずは一ノ沢登山口へ。ここでトモパパ、トモママは車を降りる。というのも、常念に登るなら常念〜蝶ガ岳の稜線を歩かない手はないのだが、それならば車を三股登山口に置いておく必要がある。しかし三股から常念への登りがトモパパ、トモママにはちょっときつそうということで、トモパパ、トモママは一ノ沢コースを、我々は三股登山口に移動し、車を置いて、三股からのコースを登ることにした。

三股駐車場に着いたのは6時半過ぎ。すでに満車だ。何百メートル手前に臨時駐車場があり空きがあったが、そこから歩くのがおっくうなので、トイレ手前のスペースにじゃまにならないように駐車した。ちなみに、駐車場に至る烏川林道脇に延命水という岩清水の水場があり、水はそこでたっぷりと確保しておいた。

駐車場から800メートル未舗装の林道を進むと、登山相談所や更衣室、トイレがある広場に着く。紅葉シーズンとはいえ、夏ほどの人出ではないためか、相談所は閉まっており相談員はいなかった。

相談所から5分もしないうちに常念・蝶ガ岳の分岐に着く。ここから本格的な登りがはじまる。なかなか急なつづら折れの道だが、予想していたほどの急ではなかった。ただ、3時間ほど変化がないのが退屈である。

3回ほど休憩をはさみ、ようやく尾根に乗っかかる。そこは広場になっており休憩に最適。このあたりから朱色に染まったナナカマドやカエデが多くなってくる。

標準点櫓跡(確認できなかった)あたりを過ぎ森林限界を超えると、パッと視界が開ける。前常念が正面のはるか上にあらわれ、まだあそこまで登らなくてはいけないのかという気分にさせられる。大岩が積み重なった急な斜面だが、岩の白とハイマツの緑とのコントラストが美しい。振り返れば、遠くに富士山もはっきりと確認できる。風の強い日や雷の心配がある時はちょっと嫌な所だが、今日は快晴で文句なし。下手に登ってくる人がいるので、落石だけは起こさないように気をつけよう。

傾斜がゆるくなりトタン屋根の岩室が見えると、そこが前常念。携帯(ソフトバンク)を見るとアンテナが1本立っているので、トモパパの携帯(ドコモ)にかける。1時間ほど前に常念小屋に到着し、今は売店でうどんを食っているという。

快晴とはいえじっとしていると寒いので、休憩もそこそこに先を進む。あいかわらず岩をつかんだりするところもあるが、これまでよりはずっと歩きやすくなる。40分ほどで常念岳直下の分岐に着き、ザックをデポして山頂に寄る。

祠のある山頂は360度の大展望。眼前の槍、穂高はもちろんのこと、白馬、立山・剣、後立山連峰、燕、乗鞍、つまり北アルプスのほぼすべて、さらに火打・妙高、富士山、南・中央アルプス、白山など目白押し。北アルプスでこんなに見渡すことができたのは初めてのことだ。

分岐に引き返してザックを回収し、常念小屋のある常念乗越へ。道はザレていて意外に歩きにくい。

常念小屋のテント場は、小屋前と少し離れたところの2箇所あり、どちらにしても平らなサイトが皆無なのが残念である。幾分傾斜がましなところを見つけてテントの申し込みに行こうとしているところに、トモパパ、トモママが登場。一ノ沢コースは楽勝だったらしく、疲れた表情はない。今日の天気のようにすべてが順調・平穏かと思いきや、トモパパから衝撃の事実が。何と歩き始めて2時間くらいで登山靴のソールの後ろ部分がはがれたというのだ。しかも左右ほぼ同時に。よくここまで歩いて来られたものだ。まだ何も対処していないので小屋の人に相談してみることをすすめる。細引きやビニールテープはあるにはあるが、適切なアドバイスをしてくれるはずだ。

小屋の人に話すと「針金じゃないとダメだよ」とすぐに針金とペンチが出てきた。それにしてもビブラム社などメーカーは、半永久的にはがれないソールをつくれないものなのだろうか。ちなみにこの靴はザンバランのもので、約5年前に購入したとか。ソールはビブラムではなく、自社で開発したものみたいだ。

日が暮れると安曇野の街灯りが眼下にまたたき、急速に冷えこんでくる。いつものようにレトルトカレーの夕食を済ませ、19時に就寝。夜中にテント内の温度計を見ると0度。この時期にしてはそれほど厳しい寒さではなかった。

○テント1人600円。水1リットル200円。
トイレ=テント泊者は屋外にある簡易トイレ(3基/汲取式)を使用。
携帯電話電波状況=ドコモ/完全使用可能、ソフトバンク/電波弱いが2〜3回かければつながった

三股

三股。


分岐

蝶ガ岳への分岐。


ナナカマド

ナナカマド。


前常念

紅葉の間から見えた前常念。


ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナの実。


前常念

前常念への岩場の登り。


前常念への岩場の登り。

前常念の頂上へ。


前常念から常念岳

前常念から常念岳頂上へ向かう。


槍ヶ岳

槍ヶ岳が見えてきた。


常念岳

常念岳頂上。


常念小屋

常念小屋。


靴

はがれたソールを針金で縛る。


10月13日(月)2日目
アップダウンの苦労も吹き飛ぶ大展望はうわさ通り

北アルプス

蝶ヶ岳から槍、穂高を一望。


4時半、小屋泊のトモパパ、トモママと小屋前で合流し、常念岳に向かう。暗闇の中、しばしば道をはずしそうになる。

コースタイムの1時間を少し過ぎたところで山頂に到着。昨日同様、見晴らしはすこぶる良く、登山者は写真撮影に忙しい。槍ヶ岳が大好きなトモパパは何度も槍ヶ岳をカメラに収めている。

槍ヶ岳

常念岳の影と槍ヶ岳。


燕岳

燕岳の向こうに剣岳。


いよいよ蝶ガ岳への稜線を歩く。常念岳からの最初の下りが最も急。登り返して最初のピークである2512mピークに着くまでそこそこ時間がかかる。

いったん標高を下げて樹林帯に入れば、ナナカマドらの赤が秋らしさを演出してくれる。前方に見える蝶槍はスクっと尖って格好良いが、再び下って登り返さなければならないと思うとちょっと憂鬱。実際歩いてみると、意外とあっけなく登り着いてしまったが…。

紅葉

樹林帯に入ると美しい紅葉が。


蝶槍、蝶ガ岳山頂付近を歩く頃には、穂高連峰がさらに圧倒的な迫力で迫ってきて、疲れを忘れさせてくれる。槍沢や涸沢といった谷間の紅葉風景も美しい。遠目に見てもこれだけ美しいのだから、まさにその場所に行けばどれだけ美しいことだろう。

蝶ガ岳〜蝶ガ岳ヒュッテ間は、もっとも穂高の眺めがいい区間。右を向けばいつでもでんと穂高が鎮座し、それまではっきりしなかった西穂高岳も明確に確認できるようになる。

蝶ガ岳ヒュッテに着いた。名残惜しいが槍穂とはここでお別れ。三股に向け見通しのない樹林の道を下る。

蝶ガ岳新道は歩きやすいと思っていたが、幅は狭いし、荒れた感じで思うようにスピードが上がらない。ヤマケイの地図では下り2時間とあるが、我々だと3時間かかりそうだ。

ときおり樹間越しに見える常念岳や前常念をカメラに収めながらひたすら下る。傾斜がゆるくなり、木の感じが北八ツに似てきたなと思う頃、休憩に最適な小広いまめうち平に着く。ここで最後の休憩。

さらに進んで「力水」で水分補給。2リットルほど家に持ち帰るための水も汲む。なかなか水量豊富な水場だ。(地図ではヒュッテから30〜40分ほど下ったところに水場マークがあるが、確認できなかった。涸れていたのだろうか。いずれにせよあまりあてにしないほうがいいと思う)

やはりヒュッテから3時間かかって三股登山口にゴール。連休最終日の午後とあって、残っている車は駐車場キャパの3割程度。高速が込む前に早く帰阪しよう。(名古屋手前から渋滞につかまり帰宅は24時近くになってしまった)

穂高や槍といったきらびやかな山が近くにあるせいで、なかなか足が向かなかった常念岳。展望の良さもさることながら、樹林帯、ゴーロ、見晴らしのいい稜線、湿地と、変化に富む山歩きが楽しめた。1泊2日という短時間で、かなり得をした気分である。

常念岳

常念岳頂上への登り。


夜明け

夜が明けてきた。


蝶ヶ岳へ向かう道

蝶ヶ岳へ向かう道。


蝶槍

小さな突起が蝶槍。


屏風岩

屏風岩の紅葉。


穂高

蝶ヶ岳付近から見る穂高の山々。


蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳ヒュッテ。


蝶ヶ岳ヒュッテからの下り

蝶ヶ岳ヒュッテからの下り。意外に歩きにくいのだ。


まめうち平

まめうち平。


常念岳

常念岳も見納め。


Kyuki Woodcut site

久木朋子の木版画