マーク

木版画制作のこと、作品展示情報、山登りのこと、日々のことなど・・・ 

久木朋子の木版画

トップ 木版画作品 展示情報 プロフィール 木版画の作り方

多色刷木版画制作の様子(動画)


このサイトに掲載されている作品は透明水彩絵具を使った多色刷による木版画です。
多色刷は作品に使う色の版を分けて作ります。
最後にすべての版を刷重ねて図柄ができあがります。
木版画の道具、材料
シナ合板、トレーシングペーパー(フィルム)、カーボン紙、和紙、ねり墨、絵具(水彩絵具など)、でんぷんのり、彫刻刀、のみ、刷毛、バレン、あて紙(クッキングペーパー)など。
彫刻刀
彫刻刀
刷毛
刷毛
バレン
バレン
木版画の制作過程
下書き 下絵を描き、色も決める。
トレーシングペーパーに下絵を書き写す。
写す 板には反転した状態の下絵ができるように、トレーシングペーパーを裏返して、カーボン紙をはさんで板に押しピンなどで固定する。下絵を板に転写する。
その際に色を分ける。例えば赤色の版には赤くなる部分だけ書き写す。
絵の右下と左下に見当(紙のはしを合わせるための印)をつける。
彫る それぞれの版木の色のつかない部分を彫刻刀で彫る。
見当 すべての版木の右下と左下に見当(紙のはしを合わせるための印)を彫る。
色をのせる 湿らせた新聞紙などの間に和紙をはさんで和紙を湿らせておく。
版木を水で湿らせておいてから運び筆で版木の上に水で溶いた絵具をのせ、刷毛で刷り込む。
刷る 版木の上に見当をあわせて和紙をのせ、バレンで摺る。
乾いてから和紙を再び湿らせて次の色を摺る。すべての色を摺り重ねて出来上がり。
摺上がりを板に水張りして乾かす。

「それぞれの木にそれぞれの鳥」6版7色の場合
黄色
1版目(黄色)
オレンジ
2版目(オレンジ)
うす紫
3版目(うす紫)
みどり
4版目(緑とうぐいす色)
青
5版目(青)
スミ
6版目(スミ) 完成

木版画の道具・技法に関するサイト
木版画用品販売
ウッドライク マツムラ・・・ http://www.woodlike.co.jp/index.html
和紙のオンラインストア
アワガミファクトリー・・ http://www.awagami.jp/index.html
木版画の材料・道具について詳しく説明
「木版画」と「五所 菊雄」と「バレン」・・ http://www.ne.jp/asahi/gosho/baren/
木版リトグラフの作り方
版画の内宇宙/版画HANGA百科事典・・ http://www.n-hanga.com/douhan/hanga/mokuhanlithoA.html

トップ 木版画作品 展示情報 プロフィール 木版画の作り方

Copyright 2005 Tomoko Kyuki All Rights Reserved.Text Adviser : Katsuya Kyuki
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。